俺は躁うつ病に感謝する!


長いうつ病のサイクルに突入した感がある。

でもね、躁のときは自分を制御できなくなるから、

この鬱の時期を良しとして、自分に真剣になろうと思った!

 

なぜなら、子供が人生で第一だからだ。

 

俺は考えることが苦手だが、考えることを得意にしようと考えた。

考えないことには、俺は、子供たちと嫁と、四人でいることができなくなる。

 

しかし!!

 

ここで重要なのは、この考えが、

俺の自己中心的な考えから出ているものなのか、

ということだ。これに気づかないとき、人は危険になる!!

 

だから、もしそうならば、俺は熱い思いを胸にたたんで、

これ以上、口に出すことはしないでおこうと思う!

 

しかし、人間であるかぎり、自己中心性はつねにある!!

 

だから、自分の寂しさとか、空っぽの心を埋めてもらいたいとか、

そんなことではなくて、自分の考えに対して真摯であるとき、

ようやく、俺は元嫁と、子供たちに認めてもらえるのだと思う。

 

そして、俺はまだその資格がない!!

じっくり今日考えてみて、それを認めることにした!!

 

俺は、躁うつ病と、貯金が切り崩されていく人生のどん底のなか、

ブレることなく、心根の正しさを貫いて、

彼女と子供たちに、以前の俺ではないことを証明するために余生を捧げる覚悟を決めた!!!

 

ああ、何年かかるだろうか!!

俺のような凡人なら、一生をかけてでも、

今までの自分のいたらなさに対して、

贖罪を果たしていくことになるかもしれないと思う。

 

だが、このくらいの覚悟なくして、父親とは呼べないだろう。

人間の親であるためには、覚悟と忍耐と愛が大切だが、

その前に、自分がしっかりしていることが何よりだからだ。

 

なぜなら、愛とか言いながらも、

親がしっかりしていないとき、それは情愛でしかなくなる。

 

これは、ランキングで出会い、仲良くさせていただくようになった、

苦痛.com様から、直接の激励メールで教えてもらったことだ。

 

俺は、真面目になろうと思う。

だが、このような心境に自分を改革する機会を与えてくれたのは、

なにを隠そう、この、

 

躁うつ病なのだ!!!

 

この苦しみが、俺に、自分を見つめ直させるという、

強制的な機会を与えてくれた。

 

あと、嫁と息子と娘が、昔の正しくない俺の、

映し鏡であることに気がついたのだよ。

 

もし、自分が正しい人間であるならば、

世界はもっと違ったものになっていたはずである!!

そして、家族である三人を、幸せにできていたはずだと思う!!

 

だから俺は、今後、齢40を前にして、

再び生まれなおすことにした!!

 

昨日、嫁からメールが来て、

ブログ良くなってきてるねと、

慰めの言葉が来ていた。

 

なんて親切な人なのだろうか!!

 

俺はまたしても感涙してしまい、

そして責任を感じた。

 

新しい男が誕生する、そのときが到来したことを自覚したのである!

 


うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

2件のコメント

  1. ブログが良くなってきているって言われるのは嬉しいですよね。素敵な彼女さんですね。
    佐渡さんとその女性、そして子供達は何があっても築いた絆は失われないと思います。

    1. あなたも親切で、優しい方ですね!
      また、泣きそうになりましたよ。
      自分には、とても、ありがたい、お言葉であります!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA